第70回文化財防火デーにともなう消防訓練を実施しました

公開日 2024年01月26日

更新日 2024年03月29日

令和6年1月26日(金)、国史跡「福沢諭吉旧居」において文化財防火デーにともなう消防訓練を実施しました。文化財防火デーとは、昭和24年1月26日に法隆寺金堂壁画が火事によって失われたことを契機に始まった文化財防火運動です。

第70回となる今回は、国史跡「福沢諭吉旧居」で不審火が発生したという想定で、地元住民の方やこども園の皆さんにもご参加いただき、約50名で訓練を行いました。まず初めに消火器による初期消火訓練、避難誘導訓練、重要な文化財に見立てた箱を持ち出す訓練などを行い、続いて駆け付けた消防職員や消防団の皆さんによる放水訓練が実施されました。

冬場は火災が多くなる時期でもあります。大切な文化財を守るためにも、日頃から火の始末には気を付けましょう。

消防訓練
消防職員による放水訓練
重要物持ち出し
重要な文化財を避難させる訓練
放水
消防団による放水銃訓練
消火器
消火器の説明を受ける様子

お問い合わせ

歴史博物館
住所:〒871-0057 大分県中津市1290番地(三ノ丁)
TEL:0979-23-8615

このページについてお聞かせください