「具沢山減塩みそ汁」お手軽食育レシピ

公開日 2022年06月19日

更新日 2022年06月22日

 中津市では、「第2次中津市食育推進計画」に基づき、食育の推進に取り組んでいます。
 毎月19日は「食育の日」です。今回は生活習慣病に関する情報と共に、手軽に作ることができる減塩レシピを紹介します。

生活習慣病と食事

 令和2年度に実施した食育アンケート「食に関する調査(20代・30代の男女)」では、「生活習慣病を予防するための食事のポイントや料理の方法を知っていますか?」に対し「知らない」と回答した方は3割でした。(31%)
 中津市の死因の第2位は心疾患、第4位は脳血管疾患(令和2年)であり、いずれも高血圧症をはじめとした生活習慣病と大きく関連しています。

高血圧症の食事におけるポイント

 高血圧症予防の食事におけるポイントの1つは「塩分の過剰摂取を控える」ことですが、どの世代も塩分摂取量は多い傾向です。
※高血圧症を治療中の方は、塩分6グラム未満(1日)となっています。

塩分摂取量の目安
  塩分摂取量 ※1 目標量 ※2
男性(20歳以上) 10.8グラム(1日) 7.5グラム未満(1日)
女性(20歳以上) 9.1グラム(1日) 6.5グラム未満(1日)

※1 令和元年度国民健康・栄養調査
※2 日本人の食事摂取基準(2020年版)

 そこで今回は、塩分控えめでも美味しい「減塩レシピ」を紹介いたします。

具沢山減塩みそ汁(調理時間20分)

具沢山減塩味噌汁

材料(4人分)

  • じゃがいも(イチョウ切り) 1個
  • キャベツ(ざく切り) 葉4枚
  • 人参(半月切り) 3分の1本
  • しめじ(石づきを除いてほぐす)2分の1袋
  • だし汁(500ミリリットル)
  • 味噌 大さじ1
  • トマトケチャップ 小さじ2

作り方

  1. 鍋にだし汁を入れて沸騰させ、人参とじゃがいも加えて5分ほど煮る。
  2. キャベツとしめじを加え、材料が柔らかくなるまで煮る。
  3. 火を弱火にして、味噌を溶く。ケチャップを入れて全体を混ぜる。
  4. お椀に盛り付けたら完成。

1人分の栄養量

エネルギー46キロカロリー、たんぱく質2.4グラム、脂質0.5グラム、炭水化物11.0グラム、塩分0.8グラム

ポイント

  • 具沢山にするとお椀に入る汁の量が少なくなるため、美味しく減塩できます。
  • ケチャップの酸味と甘みで美味しく減塩に。隠し味のケチャップは少量でよいです。
  • 普段の味噌汁にトマトを入れても美味しいです。具材はアレンジしてみましょう。
食育ピクトグラム
食育ピクトグラム
(生涯にわたって心も体も健康で、質の高い生活を送るために「食」について考え、食育の取組みを推進しましょう)

お問い合わせ

地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1170
FAX:0979-24-2342

このページについてお聞かせください